:: メニュー
TOP
最新ニュース
ブログ
ダウンロード
リンク集
:: プロフィール
サイト管理者

igaiga
 


トップ  >  最新ニュース  >  迷惑海藻からボールペン…千葉・谷津干潟
迷惑海藻からボールペン…千葉・谷津干潟
Yomiuri Online

引用:
ラムサール条約登録湿地の谷津干潟を管理する「谷津干潟自然観察センター」(千葉県習志野市)が、干潟で大量発生している海藻「アオサ」をバイオマス(生物由来資源)として活用したボールペンの製品化に成功した。

植物由来のプラスチックに加えて、インクも植物由来にできればよいかもしれないです。

引用:
 2度の試作を経て、「アオサボールペン」の第1号は3月に完成した。全体に緑がかり、海藻のにおいがほのかに残っているのが特徴で、これまでに500本を製造した。

海藻のにおいが残っているのでは、まだ確かに一般的な用途しては、商品化は難しそうです。「おみやげ」にはいいでしょうけど。
前
E Inkディスプレイの小型電子ブックリーダー Cybook Opus、重さ150g
カテゴリートップ
最新ニュース
次
モーション認識技術 Natal はWindowsにも導入、将来はオフィスへ

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧